おちょやん 第14週「兄弟喧嘩」あらすじ・ネタバレ・感想

おちょやん 第14週「兄弟喧嘩」 朝ドラ
おちょやん 第14週「兄弟喧嘩」

(前週)おちょやん 第13週 「一人やあらへん」 あらすじ・感想 はこちら

おちょやん第14週は、2代目天海天海の襲名から3年たった昭和7年から始まり、タイトルは「兄弟喧嘩ゲンカ」です。

世界の喜劇王・チャップリンの初来日が決まり、大山社長が、チャップリンと日本の喜劇王の競演を企画したことから始まる、鶴亀家庭劇と万太郎一座の一騎打ち、すなわち、千之助と万太郎「兄弟」の因縁の対決模様が描かれる。

『兄弟喧嘩』あらすじ・ネタバレ

千代と一平の結婚生活

一平に不満の千代

一平に不満の千代

昭和7年、天海一平が二代目天海天海を襲名してから3年の月日が流れた。
鶴亀家庭劇は順調に人気をあげていっているが、千代の結婚生活は、というと、一平が毎晩のように劇団員を家に呼んで酒を飲むので、千代はその世話に明け暮れ、自分のセリフを覚える暇もない。

岡安の先代女将・ハナが一平の襲名披露を見てしばらくして、亡くなった。


シズに一平の不満を愚痴る千代

シズに一平の不満を愚痴る千代


千代は、月命日に岡安の仏壇に参りに行くのですが、
シズに会うと、つい、一平との生活の不満を愚痴ってしまう。
シズは「離縁し!」と言いながらも、「ぼんやんは、昔から芝居のこと考えだしたら他のことは見えへんなるさかいな。」

千代「本当にそうだす。芝居のため芝居のため言うて、

一平の不満を愚痴る千代

一平の不満を愚痴る千代

あんたがええ本書けるのは、誰のおかげやねん」と不満を口にすると、シズは、「男は女の大変さは解からへん。期待したらアカン。」「しっかりぼんのこと支えなはれ。それが、あんたの選んだ道や。」「ここはあんたの実家みたいなもんや。不満があったら、いつでも弱音吐きにきなはれ。」
まずは愚痴を聞いてもらったことで、気を取り直す千代。

チャップリンの初来日報道。

チャップリンの初来日の報に喜ぶ千代たち

チャップリンの初来日の報に喜ぶ千代たち

そんな時、世界の喜劇王チャップリンの初来日が大々的に報じられて、世間もその話で大いに盛り上がっていた。

大山社長は、世界の喜劇王と日本の喜劇王を盛り上げるため、鶴亀家庭劇と万太郎一座を競わせることを計画する。

千之助と万太郎の一騎打ちを企む大山社長

千之助と万太郎の一騎打ちを企む大山社長

どちらかの一座のうち、一人でも多く客を呼べた一座が、世界の喜劇王チャップリンに、道頓堀を代表して喜劇芝居を見せる、というもの。

千代は、チャップリンに家庭劇をみてもらうことで、自分たちの一座が世界に認められるかもしれない、と胸を高鳴らせる。

実は、大山社長の魂胆は、日本の喜劇王・万太郎一座を一層盛り上げるため、鶴亀家庭劇の参加はあくまで「当て馬」くらいに考えていた。

喜劇一騎打ち

喜劇一騎打ち

大山社長
「ええ兄弟喧嘩を見せてもらおう」とほくそ笑む。

いよいよ鶴亀家庭劇の千之助と万太郎一座の万太郎との勝負が始まる。

 

千之助と万太郎の因縁

万太郎・千之助の「須賀廼家兄弟」の芝居

万太郎・千之助の「須賀廼家兄弟」の芝居

千之助と万太郎は、二十年以上前、売れない歌舞伎役者だった万太郎と千之助が始めた「須賀廼家兄弟一座」の「兄弟」として大変な人気を博し、当時の演劇界を席巻していた。

二人は、兄弟のように息がぴったりで、人気を二分する看板役者となる。しかし、ある日突然、千之助は出番を奪われる。
「お前と一緒に芝居してても退屈や」と・・。

須賀廼家兄弟の喧嘩勃発

須賀廼家兄弟の喧嘩勃発

万太郎は千之助の芝居を独りよがりと決めつけて、「お前は必要ない、兄弟は幕引きや!」と切り捨てたのである。
兄弟喧嘩』勃発である。

ひどい仕打ちを受けた千之助は一座に心残しつつ、天海天海一座に移り、以来、万太郎と同じ舞台に立つことはなくなった。だが、千之助はその時の悔しさが、万太郎を目の敵にするようになり、「万太郎兄さんには絶対負けられん!」との強い闘争心を燃やすのである。

千之助、万太郎に闘争心。

一平は、この競争で、どうすれば、万太郎一座に勝てるのか。
そう言って、これまでに書いた脚本を選ぶが、それに千之助が待ったをかける。

脚本のことで言い合う一平と千之助

脚本のことで言い合う一平と千之助

千之助は、何としても万太郎に勝ちたいとの強い闘争心から、「台本は、わしが書く。主役もわしがする。あいつの首とるのは、このわしじゃ。お前ら足引っ張るんじゃないで」と言い張る。
だが、千之助の書いた台本はまったく面白くなく、一平も「こないな本では、万太郎に勝つどころか家庭劇の評判を落としてしまうだけや。」と拒否し、二人は言い争いとなる。

小山田、万太郎一座に捕まる

小山田、万太郎一座に捕まる

そんな時、千之助から万太郎一座を探れと言われ、家庭劇の小山田が、次の公演の台本を盗もうとし、一座に捕まってしまう。
様子を見にきた千代も、万太郎一座の連中に取り囲まれてしまい、絶体絶命のピンチに!・・

 

自信を見せる万太郎、過去を語る。

万太郎一座の台本の数々

万太郎一座の台本の数々

その時、万太郎本人が現れて、謝る千代に「台本なら好きなだけ見ればいい。台本見たところで、それ以上のものが家庭劇にできるわけがあれへん」、と自信を覗かす・・

更に万太郎は、「他に知りたいことがあれば、なんでも答えたるで。」

万太郎にワケを聞く千代

万太郎にワケを聞く千代

千代「何で千之助さんが万太郎さんを目の敵にしているのか教えてください。」
と、目の敵にするワケを万太郎から聞き出す。

「恨まれて当たり前や」~という万太郎。
「何故そんなことをしたのか?」と憤る千代。
「決まってるやろが、おもろいからや」と万太郎。

 

家庭劇が勝つために。

万太郎に「家庭劇は絶対に勝てない。理由は千之助に聞け」
と言われた千代は急いで戻り、千之助の家に上がり込む。

千之助、一平に助けを求む

千之助、一平に助けを求む

姿をくらまそうと準備していた千之助に、どうして鶴亀家庭劇が絶対に勝てないのか、どうすれば勝てるのか、千代は食ってかかる。

千之助
「万太郎のことになると、気が高ぶり冷静でなくなる。そんなんでは勝てない。」
「これが勝てへん理由や」

 

二人して力を合せますのや

二人して力を合せますのや

その夜、一平と千代の家に千之助が現れる。
逃げる途中、万太郎に会って、とっさに隠れた。こんな自分に腹がたったという。

万太郎に勝ちたいのは憎いのでなく、認めてほしいから――「頼むわ。万太郎一座に勝てる芝居を一緒に作ってくれ」と千之助。
「当たり前やないですか、俺らは同じ家庭劇や。二人して力合わせますのや」と一平。

 

まずは本作りからや、どない話にする?

まずは本作りからや、どない話にする?

一平「まずは本作りからや、どない話にする?」

ということになり、
二人合作の脚本作りが始まる。

 

 

『丘の一本杉』の舞台。

年中ケンカの鍛冶屋の親子

年中ケンカの鍛冶屋の親子

家庭劇の一平と千之助は、試行錯誤の末に、親子関係であると同時に師弟関係でもある父と息子の物語、
『丘の一本杉』を「書き上げた。

内容は、年中ケンカばかりしている鍛冶屋の親子の話である。

台本を読んだ劇団員たちもやる気になり、バラバラだった家庭劇はひとつになった!

年配者から話を聞く家出息子

年配者から話を聞く家出息子

いよいよ舞台が開幕。

鍛冶屋に職人気質の父親と仕事を教わる息子がいて、しょっちゅう言い争いをしていて、とうとう息子は家出をしてしまう。

息子は途中一本杉のところまで来た時、年配者に出会い、
「年寄には年寄りの辛さがあるもんでさ」との話を聞かされる。

「丘の一本杉」の舞台

「丘の一本杉」の舞台

すると、父親の声が聞こえたので息子は一本杉の後ろに隠れる。

父親は息子を探しに一本杉のところまでやってきて、

”コウタロウ、コウタロウ”~と叫びながら、居なくなった息子に向かって独り言を言う。

父親が息子に独り言を言う

父親が息子に独り言を言う

”今となってはもうやり直すことできへんしな~、せめて体だけは丈夫にナ、立派な職人になって帰ってくるんやで”

”子供に捨てられた親はこなに寂しいものとは知らなかった、
「うぇ~ん~」”
と泣くと、一緒に泣く声がする。一本杉の後ろに隠れていた息子のコウタロウだ。

「丘の一本杉」の舞台

「丘の一本杉」の舞台

父親に見つかってしまったコウタロウは
”オヤジさ~ん”と寄っていき、父親も ”ワシも頑固すぎた” と言い、二人は抱き合う。

という筋書きだった。

 

 

 

「丘の一本杉」に満足げの万太郎

「丘の一本杉」に満足げの万太郎

お芝居は笑って泣けると、大盛況。

客席には万太郎がいて、満足そうに千之助を見つめていた。

各劇団の来客数発表を聞く家庭劇の面々

各劇団の来客数発表を聞く家庭劇の面々

千秋楽の幕が下りた。熊田が勝敗を告げる。

両劇団とも3万人を超える来場者だったが、15人の僅差で、勝ったのは万太郎一座だった。

けれど、全力を尽くして負けた千代たちは不思議と悔しさがなかった。

 

 

大山社長「え~兄弟喧嘩見せてもろうた」

大山社長「え~兄弟喧嘩見せてもろうた」

大山社長も熊田に
「千之助に言うとけ、え~兄弟喧嘩見せてもろうたとなア~」
とご万悦の様子。

大山社長のもくろみは成功したようだ。

 

 

兄弟喧嘩の結末

ひとり酒を飲む万太郎に千之助が近づく

ひとり酒を飲む万太郎に千之助が近づく

居酒屋でひとり酒を飲む万太郎にチャップリン姿の千之助が近づく・・・

結局、万太郎はチャップリンとは会わなかった。世界よりも家庭劇に圧倒的に勝つことが先決だという。

千之助。「けど久々に見せてもろうた。兄さんのホンマ楽しそうな顔。」

満足気に千太郎を見つめる万太郎

満足気に千太郎を見つめる万太郎

万太郎。
「まだまだや。もっと楽しませてもらわんと、お前を切り捨てた意味があれへん、いつでも、わしを潰しにこい。」

万之助の満足気な顔に喜ぶ千之助

万之助の満足気な顔に喜ぶ千之助

千之助
「そうやって、余裕かましとけ。来年の今頃、喜劇王はわしの方や。」

万太郎と千之助

万太郎と千之助

万太郎
いや、喜劇王はわしの方や。

お互い笑いながらも一歩も譲らず、
これからもお互い良い芝居を目指し、火花を散らしていく。

 

 

『兄弟喧嘩』感想

 

大山社長の魂胆が見事成功したようですね!
家庭劇の「丘の一本杉」の舞台の客席には、大山社長や万太郎も観に来て居ましたネ!
千之助演じる父親の嘆き、
”今となってはもうやり直すことできへんしな~、せめて体だけは丈夫にナ、立派な職人になって帰ってくるんやで”
”子供に捨てられた親はこなに寂しいものとは知らなかった、
「うぇ~ん~」”
の劇中セリフは、客席の万太郎を見つめながら演じていて、まさに、今の自身の万太郎に対する心境をこのセリフに託していたようで、心詰まる思いがしました。
結果的には、因縁の「兄弟喧嘩」もお互いの成長にプラスに働いたわけで、当事者は大変だったとは思うけど、人生、競争相手がいることにより、闘争心が向上心にもなり、結果、また良いアイデイアが生まれ、成長し共に新境地が開けたという訳ですね!

これからもまだまだ「兄弟」の勝負は続きそうですので、今後を楽しみに、行く末を見届けていきましょう!

 

 

 

 

<参考サイト>https://dorama9.com/ochoyan-week14/

(次週)おちょやん 第15週 「うちは幸せになんで」あらすじ・感想 はこちら 

タイトルとURLをコピーしました