おちょやん 第19週 「その名も、鶴亀新喜劇や」あらすじ 感想

おちょやん第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」 朝ドラ
おちょやん第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
おちょやん第19週は、千代たちが新たに「鶴亀新喜劇」を立ち上げる様子、「その 名も、鶴亀新喜劇や」が描かれる。
終戦から3年、地方回りをしながら公演を続けていた千代たち家庭劇の面々に、鶴亀株式会社の大山社長から、新しい劇団を作るので道頓堀に戻るよう指令が入る。

おちょやん第19週 あらすじ

新喜劇立ち上げの指令

地方周りの家庭劇の公演

地方周りの家庭劇の公演

地方周りの家庭劇風景

地方周りの家庭劇風景

終戦から3年がたち、地方回りをして公演をしていた千代たち家庭劇に、大山社長から、新しく新喜劇を立ち上げるよう指令がきて道頓堀に戻ってくる。

一平は、万太郎一座ではなく、どうしてこの話が自分たち家庭劇に来たのか不信に思ったが、実は、喜劇王の須賀廼家万太郎は、病で声を失っていたのだ。

万太郎最後の公演

そのことを知った、須賀廼家千之助は、万太郎最後の公演に助っ人として参加することにする。
須賀廼家兄弟の40年ぶりの一夜限りの復活である。

万太郎と千之助「兄弟」の一夜限りの舞台

万太郎と千之助「兄弟」の一夜限りの舞台

千之助は身振り手振りで表現する万太郎の意図をくみ取り、的確にアドリブで返していく。その掛け合いで観客が大いに盛り上がるなか、万太郎は満面の笑みを浮かべたままこの世を去ったのである。

 

「鶴亀新喜劇」立ち上げ

鶴亀新喜劇の稽古が始まる。

鶴亀新喜劇の稽古が始まる。

千代と一平の新しい劇団は「鶴亀新喜劇」と名付けられ、「万太郎一座」や歌劇団などから、新しいメンバーが参加することになる。

ただ、ライバルだった元「万太郎一座」の須賀廼家万歳と千兵衛は敵意むき出しで、初日以来稽古場に顔を出さないという波乱の船出となった。

寛治が帰還

寛治が戦地より帰還

寛治が戦地より帰還

満州から帰還の寛治

満州から帰還の寛治

ついに寛治が満州より帰ってきた。
何と、寛治は満州で千代の弟・ヨシヲと会っていたのだ・・

寛治はヨシヲから千代に返すよう託されたガラス玉を差し出し、ヨシヲとの満州の酒場での出来事を話し始める。

寛治は満州でヨシヲと会う

寛治は満州でヨシヲと会う

寛治はヨシヲから、この戦争は日本が負けるから、すぐに満州から逃げろ、と言われ、無我夢中で逃げ、日本に帰ってくることができたのだ。

そしてヨシヲは、逃げ遅れた人を庇って命を落としたという。

 

千之助の幕引き

劇団員たちは、戦争で徴兵され死んでいった仲間の分まで頑張っていこうとの思い、道頓堀の喜劇でたくさんの人を笑わそうと決意をする。
一平も次代を担う人たちの新しい芝居を作ると意気込む。

松竹新喜劇の練習風景

松竹新喜劇の練習風景

 

そんななか、千之助は今回の旗上げ公演の主役は自分でなく、千代にすると言い出す。

引退を決意する千之助

引退を決意する千之助

稽古中セリフを忘れ、さらにアドリブで取り繕うこともできず、自身の老いを感じた千之助は引退を決意する。

 

 

鶴亀新喜劇の旗揚げ公演

鶴亀新喜劇の公演

鶴亀新喜劇の公演

劇中のお家はんと直どん

劇中のお家はんと直どん

鶴亀新喜劇の旗揚げ公演は、
「お家はんと直どん」で、
千之助の書いた台本を一平が手直しした台本の演目である。

劇中の若い二人と父親の直どん

劇中の若い二人と父親の直どん

若い二人の結婚を反対するそれぞれの親が、かつて昔、恋人同士であったことがわかり、若かりし頃を思い出して名前を呼びあったりするのを、隠れていた若い二人にすべて聞かれてしまい、結局二人の結婚を許してしまう、というもの。
娘の親の直どんは「これから若いもんが、これからの世の中を引っ張っていくんや」と言って、めでたし、めでたし、で幕引きとなる。

この新しい人情喜劇の旗揚げ公演は、観客から笑いと大拍手を受け大成功を収めた。

この旗揚げ公演を見た大山社長は「新しい幕明けだな!」と大喜びをした。

また、公演を見ていた千之助は「えー芝居やった!」・・とつぶやき去って行った。

 

感想

終戦後、世の中も大きく変わっていく中で、千代たちの家庭劇も新たな新喜劇として出発を始めるが、ライバルであり、喜劇王と言われた万太郎の死、その死にざまは大きな衝撃を受ける。
一方、芸人は舞台で死ねるのは本望!、と言えるのかもしれないので、万太郎にとっては本望だったかもしれないですね!。

また、歳をとった千之助の引退・幕引きも、新しい時代到来の波の中で、仕方のない事かもしれないですね・・。

 

(前の週)おちょやん 第18週 「うちの原点だす」 あらすじ 感想

タイトルとURLをコピーしました