おちょやん 第17週 「うちの守りたかった家庭劇」あらすじ 感想

おちょやん第17週「うちの守りたかった家庭劇」 朝ドラ
おちょやん第17週「うちの守りたかった家庭劇」

(前の週)おちょやん 第16週 「お母ちゃんと呼んでみ」 あらすじ・感想 はこちら

おちょやん第17週は、「うちの守りたかった家庭劇」がタイトルです。
太平洋戦争が激化し、福助に招集令状が来たり、家庭劇の解散を余儀なくされ、芝居茶屋「岡安」が店じまいをするなど、千代たちの苦悩や奮戦ぶりが描かれます。

おちょやん第17週 あらすじ

戦時下の家庭劇

「今日も一日頑張っていきましょう!」

「今日も一日頑張っていきましょう!」

太平洋戦争の開戦から3年たった1944年(昭和19年)、

戦況が悪化していく中、家庭劇の公演も、客が半数も減ってゆき、道頓堀の活気は失われていきます。

それでも千代は、前向きに「たとえ一人でも、お客さんはお客さんです。今日も一日頑張っていきましょう!」~と、他の劇団員を励ますのです。

千秋楽が終わった後に、みんなで現状の話しをします。
一平は、その帰りに千代と寛治に「こないな時に、芝居やっててええやろか。」

一平「こんな時に芝居やっててええやろか」

一平「こんな時に芝居やっててええやろか」

千代は、一平の言葉に驚きます。

千代「え?」  寛治「ええで。」

 

 

 

福助に赤紙(招集令状)が・・

そんなある日、福富の福助が、一平と千代の家に羊羹を持ってやってきて、モジモジしてるのを千代と一平は怪しみます。

そして、「赤紙が来てん。僕がいてへん間、みつえと一福のことをよろしゅう頼みます」
と、頭を下げて、千代と一平に妻子を託するのです。

 

シズは「岡安」を閉めることを決意。

シズ「岡安、閉めることにしましたんや」

シズ「岡安、閉めることにしましたんや」

一方、岡安ではシズが店をたたむことを決意します。
それを聞いた千代は、考え直してみてはどうかと、シズに進言しますがシズの意思はかたく、「立つ鳥、跡を濁さず。最後がが肝心だすのや」と、誇りを滲ませるのでした。

そして、福富の菊に、「義姉さんにだけは、お話しとかなあかん思いまして。岡安、閉めることにしましたんや。」
と打ち明けます。

千代は「岡安」の暖簾を下ろすことが寂しく、悔しい思いでいっぱいになります。
「これから、ご遼さんは、どないするんだすか?」と千代。

「千代、岡安に来てくれてホンマにおおきにな」

「千代、岡安に来てくれてホンマにおおきにな」

「わては、旦さんとずっとここにいてる。岡安続けてこられたのは、家庭劇を見にやって来るごひいきさんのおかげや。」

「千代、岡安に来てくれてホンマにおおきにな。」

 

 

シズの言葉に思わず涙する千代

シズの言葉に思わず涙する千代

いつしか母と娘のような関係になった千代は、感極まり、
あふれる涙をこらえることができません。

 

思い出のトランペット

福助の壮行会

福助の壮行会

出征する福助の壮行会が開かれ、福富や岡安の家族、家庭劇の劇団員たちが集まります。

妻のみつえは福助に思い切りトランペットを吹かせてあげたいと思い、福助を「えびす座」の舞台へ連れだす。

 

福助のトランペット

福助のトランペット

「ここやったら、音鳴らしても大丈夫や。」とみつえ。
福助「ええんか?」

えびす座で、福助は久しぶりのトランペットに、音出しをしてみた後、思いっきり吹いて、トランペットの音が鳴り響きました。
途中で、トランペットの音を聞きつけた警官がやってきましたが、舞台で家庭劇のメンバーが発生練習をしていたふりをして難を逃れました。

福助、出征する

福助、出征する

壮行会に集まったみんなが見てる中、福助はトランペットを思う存分に吹くことが出来、福助自身も存分楽しむことが出来、聴いていたみんなも福助のトランペットに堪能したのでした。

そして福助は出征していきました。

 

 

芝居茶屋「岡安」の暖簾を下ろす。

シズはお茶子たちに労いの言葉をかける。

シズはお茶子たちに労いの言葉をかける。

60年以上続いた芝居茶屋・岡安は、1944年(昭和19)、とうとう暖簾を下ろすことになりました。

シズは、お茶子たちに「岡安の暖簾をおろさなアカンのはみんなわてのせいだす。かんにんな。」
そう言って、一人一人にねぎらいの言葉をかけ、最後、笑って明るくお茶子たちと別れたのでした。

その後も、戦争で状況は悪化の一途をたどり、えびす座、鶴亀座と道頓堀の芝居は灯りを消してしまいました。家庭劇は、小さな芝居小屋を転々としながら、なんとか公演を続けていました。

防空壕に「花車当郎」が・・

そんなある日、空襲警報が鳴たので、一平と千代は、急いで防空壕に逃げ込みます。

その防空壕は、人でごった返していました。空襲警報にみなが不安を抱える中、千代に声をかけてくる男がいました。

防空壕で千代に話かける男

防空壕で千代に話かける男

「花子、花子・・・会いたかったで。」
千代「ウチ花子ちゃいますけど?人違いだす。」

花車当郎「花子は、人ちゃう。昔飼ってた牛や。」
千代「誰が牛や。」

周囲から笑い声がきこえます。そのため、千代も即興で、ヒキガエルの話をし、掛け合いを続けました。
やがて、クスクスの笑いが大爆笑になり、防空壕の中は和やかな雰囲気になっていきます。

「けったいなおっちゃんだったな」

「けったいなおっちゃんだったな」

やがて、空襲警報が解け、千代は一平と家に帰る道々、防空壕で会った<おもろいおっちゃん>の話をします。

千代「けったいな、おっちゃんやったな。」
一平「あれは、しゃべくり漫才師・花車当郎や。」
千代「どうりで話がうまいはずや。」

 

 

鶴亀家庭劇解散

一平「家庭劇は解散する」

一平「家庭劇は解散する」

その翌日、劇団員が集まったところで、劇団員の百久利に赤札が届いたことが皆に伝えられます。

そして、皆でお祝いして送りだします。
「須賀廼家百久利、行ってまいります!」

そこで、一平が劇団員に突然言います。

「家庭劇は、解散する!」   「みなさん、俺の力不足です。すみません・・」

「なんで相談せんのや」

「なんで相談せんのや」

家に帰って千代は、「なんで相談せえへんのや。」
一平「すまん。せやけど、そうするしかあれへんかったんや。」

客の不入りで赤字が続き、家庭劇は大山社長に解散を命じられていたのです。劇団員たちは理解を示したのですが、千代だけは一人でやると言い張るのでした。

鶴亀が解散になったことを千代は、シズに相談します。

シズ「思うだけなら、だれも何も言わへん。うちは、ここで富士子たち連れてもういっぺん岡安しようとおもてますのや。」

みつえの家に婦人会が・・

みつえの家には、金属をお国に徴収する婦人会の人たちがやってきて、トランペットがあると聞いたので出すように、と言いましたが、みつえが迫真の演技で追い返し、福助の大事なトランペットは助かります。

そして、みつえはシズに、戦況から爆撃を免れるため、疎開するように言いますが、
「わてはどこにも行かへん・・」と、それを突っぱねます。

 

家庭劇再び。

僕も続けるわ。家庭劇

僕も続けるわ。家庭劇

千代が稽古場の掃除をしていると寛治がやってきました。

寛治「どうせ失うものなんもあれへんしな。僕も家庭劇続けるわ。」
千代「ほんまに?」
千代と寛治は、家庭劇で最初にやった「手違い噺」の練習をはじめました。

集まってきた家庭劇のメンバー

集まってきた家庭劇のメンバー

そうしていると、結局他のメンバーも集まってきて・・・一平以外の家庭劇のメンバーが全員集まってきました。

みんな家庭劇のメンバーは、芝居を本音では続けたかったのです。しかし、芝居小屋がないと芝居ができません。そこに、一平がやってきました。

一平「結局、みんな戻ってきたんか。ホンマ、あほばっかしや。京都の劇場を1日だけ押さえることできた。」

家庭劇のメンバ-が集まる。

家庭劇のメンバ-が集まる。

一平は、芝居小屋を探しに出ていたのです。家庭劇のメンバーは、盛り上げることを考え活気づいていきます

千代は「うちの守りたかった家庭劇」が復活できたことを喜びます。

 

 

家庭劇は京都へ

 

千代たちは京都へ

千代たちは京都へ

京都の劇場の楽屋

京都の劇場の楽屋

昭和20年(1945)3月14日、家庭劇の京都公演の日がやってきました。千代が楽屋で、公演の準備をしていると寛治が慌ててやってきました。

寛治「昨日の夜、大阪で大空襲があって道頓堀がやられてしもたって。」

千代「ご遼さん・・・。」
千代は、シズのことが心配になります。

<第18週に続く>

 

第17週 感想

この週は終戦近くの状況が描かれ、最も戦況が激しくなった時期に、空襲で生きるか死ぬか、の大変な時に芝居どころではなかった道頓堀の様子が描かれてますね!
そんな時、防空壕で出会った、しゃべくり漫才師・花車当郎の当意即妙な笑いで、みんなの心を和ますなんて、笑い・喜劇は人間にとって必要不可欠である、と改めて思いましたね。

 

(次の週)おちょやん 第18週 「うちの原点だす」 あらすじ 感想 はこちら

タイトルとURLをコピーしました