朝ドラ

朝ドラ

おちょやん 第9週「絶対笑かしたる」あらすじ・感想

おちょやん・千代は、大山社長の命令で、鶴亀撮影所を辞め、新しく立ち上げた道頓堀の新喜劇一座に、舞台女優として参加することになる。4年ぶりに道頓堀に戻ってきた千代は、かつてお世話になった「岡安」の女将シズたちと再会し、「岡安」に身を寄せることになる。
朝ドラ

おちょやん 第8週 「あんたうちの何がわかんねん!」あらすじ ・感想

おちょやん・千代が撮影所に来て3年たった昭和3年の鶴亀撮影所の様子や千代の様子が描かれる。父・テルヲが突然やってきて騒動を起こし千代は女優をやめようとしたり、仮恋人のはずの小暮から突然プロポーズされたり。そんな千代の前に突然、天海一平が現れる。
朝ドラ

おちょやん 第7週 「好きになれて良かった」あらすじ・感想

おちょやん・千代の女優人生が始まり、その奮闘ぶりが描かれます。 ある時、恋する若者のシーンで、人を好きになったことが無い千代は、恋の擬似体験をするため、助監督の小暮に仮の恋人役をお願いしたが、いつの間にか小暮を本当に好きになってしまう・・
朝ドラ

おちょやん 第6週「楽しい冒険つづけよう」 あらすじ・感想

おちょやん・千代は、千鳥の世話に明け暮れる毎日でしたが、千鳥の一座が興行不振のため「正チャンの冒険」で盛り返そうと稽古に励んでいたが、前日に主役の清子が足のケガで出られなくなり、急遽、千代が主役の「正チャン」をやることになり、結果は大盛況となった。
朝ドラ

おちょやん 第5週 「女優になります」 あらすじ・ 感想

千代は大阪の道頓堀を脱出して京都へたどり着き、「カフェー・キネマ」という店に住み込みで働くことになる。やがて女優になりたいという思いから、山村千鳥一座という劇団の試験を受け合格したが、役者としてではなく座長の山村千鳥の身の回りのお世話役だった。
朝ドラ

おちょやん 第4週「どこにも行きとうない」あらすじ・ネタバレ・感想

「岡安」で来年18才の年季明けを迎える千代が、今後の自分の生きていく道を、このまま芝居茶屋「岡安」の女将シズの下でお茶子として働いていくことを決めた矢先、突然現れた父・テルヲとその借金取りとの、「岡安」をも巻き込んだ騒動の模様が描かれる。
朝ドラ

おちょやん 第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」あらすじ・感想

芝居茶屋「岡安」にきて8年がたち翌年18歳となり年季奉公が明けるおちょやん・千代は、「岡安」の女将のシズから今後の千代の身の振り方をよく考えるよう言われ、「うちのやりたいことて、なんやろ」と初めて自分の生きていく道を考えることになる。
朝ドラ

第2週<おちょやんの少女時代②>あらすじ・ネタバレ・感想

道頓堀にやってくると、目に映るものすべてが華やいで見え、千代は「道頓堀、ええとこや~」とワクワクする。奉公先の芝居茶屋「岡安」に入った千代は、「岡安」の女将の岡田シズから、お茶子としての厳しい条件がつけられ、千代のお茶子修行が始まる。
朝ドラ

おちょやん第1週<少女時代①>「うちは、かわいそやない」あらすじ

おちょやんの少女時代①は、貧しい養鶏農家に生まれ、幼くして母を亡くし,飲んだくれの父親と幼い弟の面倒を見ながら、家事や養鶏の手伝いなどで、小学校にも通えず、父が連れてきた新しい義母に疎んじられ、おちょやん・千代は9歳にして道頓堀に奉公に出されてしまう。
朝ドラ

朝ドラ「おちょやん」スタート! 登場人物・キャスト。

「おちょやん」スタート!、主な登場人物・キャストを紹介。主役、ヒロインに杉咲花(幼少期:毎田暖乃)がおちょやん・千代を演じ、千代の父・テルヲをトータス松本、岡安の女将に 篠原涼子、天海一座の一平に成田凌、千代憧れの女優・高城百合子に井川遥など。
タイトルとURLをコピーしました