アカシア 悠々

朝ドラ

おちょやん 第19週 「その名も、鶴亀新喜劇や」あらすじ 感想

おちょやん第19週は、終戦から3年、地方巡業中の千代たちに新たに新喜劇を立ち上げの司令がきて、道頓堀へ戻り、その立ち上げる様子、「その 名も、鶴亀新喜劇や」が描かれる。ライバルであり喜劇王の万太郎の死、寛治の帰還、千之助の引退、など、大きな変化がある。
朝ドラ

おちょやん 第18週 「うちの原点だす」 あらすじ 感想

おちょやん第18週「うちの原点だす」がタイトルです。 昭和20年3月13日、大阪大空襲に見舞われ、道頓堀の『福富楽器店』は全焼し、菊と福松が亡くなったことがわかった。憔悴しきったみつえと息子の一福は、千代と一平の家で一緒に暮らすことになる。
朝ドラ

おちょやん 第17週 「うちの守りたかった家庭劇」あらすじ 感想

太平洋戦争の開戦から3年たった19昭和19年、戦況が悪化していく中、家庭劇の公演も、客が半数も減ってゆき、道頓堀の活気は失われていきますが、千代は、「たとえ一人でも、お客さんはお客さんです。今日も一日頑張っていきましょう!」と劇団員を励ます。
朝ドラ

おちょやん 第16週 「お母ちゃんと呼んでみ」 あらすじ・感想

昭和12年、千代は30歳になりました。 世の中は日中戦争での勝利に喜び、鶴亀家庭劇では戦争を題材にした『頑張れ!集配婆さん』という、戦争に行った息子の代わりに手紙の集配をするおばあさんの物語の演目を上演したところ、お客さんが殺到。
朝ドラ

おちょやん 第15週 「うちは幸せになんで」あらすじ・感想

鶴亀家庭劇の公演が成功に終わり、劇団員たちもこれまで以上に絆が深まっていく中、千代の父テルヲが突然、芝居茶屋「岡安」に現れ、これまでのことをすべて謝りたいと言うが、千代はそれを拒絶するが、テルヲは千代と一平の家に押しかけ、千代につきまとう。
朝ドラ

おちょやん 第14週「兄弟喧嘩」あらすじ・ネタバレ・感想

おちょやん第14週は、2代目天海天海の襲名から3年たった昭和7年から始まる。 世界の喜劇王・チャップリンの初来日が決まり、大山がチャップリンと日本の喜劇王の競演を企画し、鶴亀家庭劇と万太郎一座の千之助と万太郎兄弟の因縁の対決模様が描かれる。
朝ドラ

おちょやん 第13週 「一人やあらへん」 あらすじ・感想

おちょやん 第13週は「一人やあれへん」がテーマです。               おちょやん・千代は、弟のヨシヲが去り、「また居のうなってしもうた」と涙を流していると、一平から「一人やあらへん。俺がおる」と抱きしめられ、プロポーズされる。
朝ドラ

おちょやん 第12週 「たった一人の弟なんや」 あらすじ・ 感想

おちょやん 第12週は「たった一人の弟なんや」をテーマに、物語が展開していきます。おちょやん・千代が、ずっと気がかりで、会いたいと思い続けてきた弟・ヨシヲについに出会うが、ヨシヲはまともな人生を送っていなかった。また千代のもとを去っていく。
朝ドラ

おちょやん 第11週 「親は子の幸せを願うもんやろ?」 あらすじ・感想

おちょやん第11週は、鶴亀家庭劇の2回目の公演の脚本をめぐる一平と千之助とのやりとりや、公演本番の様子と観客の反応から大成功で終える。一方、岡安の一人娘・みつえの縁談話が起こり、それぞれの母親が犬猿の中のために起こる騒動などが描かれます。
朝ドラ

おちょやん 第10週 「役者辞めたらあかん!」 あらすじ・感想

おちょやん第10週は、おちょやん・千代が参加する新喜劇一座「鶴亀家庭劇」が本格的に始動、旗揚げ公演の稽古初日、一平が書いた台本を“アドリブ王”の千之助が即座に却下し、旗揚げのトリは、自分が書いた「手違い話」とし、主役は自分がやると言い出す。
タイトルとURLをコピーしました