2020-12

朝ドラ

おちょやん 第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」あらすじ・感想

芝居茶屋「岡安」にきて8年がたち翌年18歳となり年季奉公が明けるおちょやん・千代は、「岡安」の女将のシズから今後の千代の身の振り方をよく考えるよう言われ、「うちのやりたいことて、なんやろ」と初めて自分の生きていく道を考えることになる。
朝ドラ

第2週<おちょやんの少女時代②>あらすじ・ネタバレ・感想

道頓堀にやってくると、目に映るものすべてが華やいで見え、千代は「道頓堀、ええとこや~」とワクワクする。奉公先の芝居茶屋「岡安」に入った千代は、「岡安」の女将の岡田シズから、お茶子としての厳しい条件がつけられ、千代のお茶子修行が始まる。
朝ドラ

おちょやん第1週<少女時代①>「うちは、かわいそやない」あらすじ

おちょやんの少女時代①は、貧しい養鶏農家に生まれ、幼くして母を亡くし,飲んだくれの父親と幼い弟の面倒を見ながら、家事や養鶏の手伝いなどで、小学校にも通えず、父が連れてきた新しい義母に疎んじられ、おちょやん・千代は9歳にして道頓堀に奉公に出されてしまう。
タイトルとURLをコピーしました